バンコク飲食店紹介blog 「チャンナカのぶらりあの店こんな人Vol.5」

こんにちわ!チャンナカです!

もうすぐ45才になるチャンナカは最近老眼がひどくなり、老眼鏡を買おうかどうか悩んでいますが老いを認めたくないのでまだ買いません(笑)。

ってことで薄暗い部屋ではPCの文字も見えないので煌々と輝く明るいお部屋で執筆した5回目チャンぶらをお届け致します!

チャンぶらとはチャンナカがバンコクで毎晩ぶらぶら呑み歩いた、本当におススメのお店をご紹介する酒呑みの戯言blogです。おススメのお料理は勿論、オーナーさんや店長さんの生き様やお人柄にフォーカスした記事を書いていきますので楽しく読んで参考にして頂ければ幸いでございます。因みに商業目的ではないのでおススメできないお店はご紹介いたしませんっ!

コツコツ書いてきたblogもやっと5回目。自己紹介は割愛させて頂きますが、誰だよコイツって思ったらチャンぶらVol,1,2,3を見てくださ~い

さて、iPhoneも手元から離さないと文字が読めないほど老眼が進んでいるチャンナカがご紹介する5件目のお店は・・・

 

エカマイの隠れ家的ワインバー「Bar Velvetimo」さんですっ!!

 

「チャンナカのぶらりあの店こんな人Vol.5」略してチャンぶら(笑)

Bar Velvetimo (ヴェルヴェティーモ)  Ekkamai Soi 1

場所はEkkamai Soi 1の旧サバイジャイガイヤーン跡地を横目に入り100mほど直進した左側。こんなところにBARがあるのかなって途中で不安になりますが心配せずに突き進みましょう(笑)

 

では早速いってみましょう!レッツチャンぶら!←少し流行ってきたかな(笑)

 

外観はこんな感じ。ハイソな一軒家を彷彿させるオサレな佇まいですな~

車を停めるスペースも5~6台分あります。ソイのかなり奥なので本当に静か。スクンビットの喧騒を忘れさせてくれるまさに隠れ家的なお店なのです。

 

ではチャンぶら恒例の店主にズームイン!今回はチャンぶら5回目にして初めての女性オーナーさんです!

オーナーさんの経歴をザザッとご紹介しちゃいましょう。

 

はいっ、

オーナーの川島カンナ唱余さんです。 

ん?・・・・・

ってこのセクシーな若い娘だれ??(笑) 

 

おいっ!何年前の宣材写真引っ張り出してきてんだよっ(笑) 何枚か画像くれと言ったらこれを渡されましたが嘘はいけません(笑)

 

失礼しました。チャンぶらblog、嘘つかない。改めてご紹介させていただきます。

改めましてオーナーの川島カンナ唱余さんです。いま現在はこんな・・、おふくよかな・・、お姿です・・。

 

オーナーの川島カンナ唱余さんは1974年東京葛飾区生まれの栃木県足利育ち。

年齢も堂々と公表する44才AB型。(カンナはミドルネーム) ←チャンナカの1つ年下だね

チャンナカはカンナと呼ばさせていただいておりますので、以下カンナと記させていただきます。

何でもズバズバ言う竹を割ったような性格のカンナ。子供の頃からやんちゃで活発だったそうで、チャンナカはいつも男友達だと思って接しています(笑) 結婚歴は無いがチャンナカは歴代の彼氏を数名知っておりみな外国人かハーフ。次の彼氏は日本人がいいなと言っていました←知らんがな(笑) そんないつも明るいカンナだが10歳の時に母親を交通事故で亡くしており、父親も6年前に他界。「天涯孤独よ、あたし」と笑って見せるカンナだがどこか少し寂し気でもありました。←人それぞれ色々あるんだな。何かあったらいつでも言えよ、金の相談以外ならいつでも聞くぜ。 

高校卒業後はその美貌?を活かし東京の某モデル事務所に所属。ボクシングのラウンドガールや某有名企業のキャンペーンガール等を経てレースクィーンに。オサレな雑誌やテレビドラマにもちょこっと出ていたそうで、当時は毎日六本木界隈でブイブイ言わせたそうです←今時ブイブイなんて誰も言わない(笑)

レースクィーン時代のカンナ。メイクと髪型が昭和を感じさせますなぁ(笑)

え?パリスヒルトン?すげえ交遊録だな(笑) 他にも芸能人と撮った画像多数ありましたがプライバシーの侵害に当たる恐れがあるので控えました(笑) 

 

カンナと出会ったのは4年半前。チャンナカの高校時代のクラスメートがカンナと友達で、そのクラスメートを介して知り合いました。当時バンコクで友達が一人も居なかったチャンナカ。←意外と人見知りなチャンナカ。そんな時代もあったな~(笑) バンコクで初めてしゃべった日本人女性がカンナなのであります。その時も「困ったことがあったら何でも言いな」と男らしく優しい言葉をかけてもらった事を今でも覚えています。←姐御肌だな~ 一つだけお願いがあるのですが、その辺で僕を見かけたときに「ラムネ~!」とでかい声で呼ぶの止めて貰えますかね。恥ずかしいので(笑)→カンナはチャンナカの事をラムネと呼ぶ唯一無二の女性です。

そんなカンナがバンコクに来たのは6年前。アソークにあったジパングというレストランバーにてマネージャーとして勤務。人に雇われるのに嫌気がさし独立。2015年1月にBar Velvetimoをオープンし現在に至る。

 

趣味は意外にもお料理。美味しいものを食べに行くのも大好きだそうです。最近はゴルフやダイエットのための筋トレも行っているとのこと。

さあ、それではチャンぶら恒例の「プライベートで通う飲食店を3件」今回も勿論聞いてまいりましたよ!

~Bar Velvetimoカンナが通うおススメの3店~

1、のじ屋  (トンローSoi18)

2、アビーズ・キッチン  (プラカノンSoi14)

3、エルガウチョ (トンローSoi8)

庶民的なお店とハイソなお店やな~。のじ屋さんは仕事終わりにラーメンを食べに行くそうで、休みの日や仕事前には美味しい焼き鳥を食べにアビーズ・キッチンに行くんだって。エルガウチョは時々行くんだってさ。←チャンナカもエルガウチョに連れてって~

自炊もよくするそうでJアベニューのビラスーパーでよくお買い物をするとのこと。←チャンナカはフジスーパー派

 

カンナのご紹介はこれ位にしといて・・

お店の中をご案内・・

ゆったりとしたソファでウィットに富んだ(笑)会話が弾む落ち着いた店内←カンナは時々お客に説教もするのでチャンナカは説教BARという店名に変えた方がいいとアドバイスしています。リラックスした雰囲気で家呑みしているかのような錯覚に陥る店内、接待を終えた仕事帰りの駐在員さんや女性の一人客等も足繁く通うまさに隠れ家的BARなのである。

 

メニューはこんな感じ。

カンナ自身が選んだワイン、その数50種類。好みを伝えればおススメのワインをチョイスしてくれます。

 

1,000B前後の価格のワインも取り揃えています。リーズナブルだけど美味しいと評判。

と言ってもチャンナカはワインはあまり呑まないので、いつもビールかハイボールをオーダーしています(笑) 上記のような安くて美味しいワインもあるのでお気軽に寄って欲しいとの事。おつまみもありますがお腹が減ったら近隣のお店から出前も頼めます。

 

お店のご紹介はこんな感じです。

周りの人たちに助けれられながらも一人で店を切り盛りしているカンナ。たまにお客様から心無いことを言われ心が折れそうになる事もあるそうです。今回取材時にも「お店辞めようかな」などと弱音を吐くこともありましたが、毎日自分に活を入れて頑張っているとの事。

バンコクでは少し前に日本人駐在員さんの奥様が自殺するという悲しいニュースがありました。回りに相談出来る相手が居ないならアタシの店に来て欲しい。優しい言葉をかけてあげられるかどうか分からないけど、本気で相談にのるよ!と話すカンナの真剣な眼差しを友として逞しく感じました。そんな男気溢れるカンナのお店、気が向いたら行ってみてくださいね~

 

長文最後まで読んでいただきありがとうございます! 

 

最後に・・・

 

 

SNS初公開画像!超痩せてる時のカンナ。

ほそっ!別人だな(笑)

 

 

【終わり】

 

チャンぶら読むとお得なサービスもありますよ~!

カンナのご厚意で入店時に

「チャンぶら見た!カンナさん綺麗!」といえば、な、なんと!グラスワイン1杯サービス!!!との事!(10月末日まで)

まじ?!ホントにいいの?!おれも行こーー!

 

次はどこのお店にチャンぶらしに行こーかなー・・。

Vol,6もお楽しみに、ではまた!

 

 

店名:Bar Velvetimo (ヴェルヴェティーモ) 

電話:02-714-4147

住所:Ekkamai Soi 1 

営業:18:00~24:00(土日祝休日、土曜日は気が向けば営業(笑))