バンコク飲食店紹介blog 「チャンナカのぶらりあの店こんな人Vol.9」

こんにちは!チャンナカです!

きっと君はこ~な~い~♬ 日本ではそろそろ街中で山下達郎の歌が流れているのでしょうか?!

バンコクは日中30度超える暑さにも関わらず、ショッピングモールには素敵なイルミネーションが、スタバの内装もクリスマス仕様に、屋台では良く分からんピカピカ光るクリスマスグッズが販売されています。

うんっ!クリスマスモードですなぁーー。

てなことを言いつつ9回目チャンぶらいってみましょう!

と、その前に久しぶりに自己紹介させてくださいっ!←新たな読者も増えてきたので(笑)

バンコクに住んで約4年半。皆さんご存知の?次郎ラムネやサワー用シロップ、日本酒等を営業販売させて頂いているいて座のB型44才、座右の銘は「一登照隅」、東京都練馬区出身のおっさんです。趣味は呑み歩き、酔って気持ちよくなるとタンバリンを叩きます。(家にmyタンバリン2個有り)

チャンナカが毎晩呑み歩いた本当におススメのお店をご紹介したくblogを開設致しました。おススメのお料理は勿論、オーナーさんや店長さんの生き様やお人柄にフォーカスした記事を書いていきたいと思っております。楽しく読んで参考にして頂ければ幸いでございます。

 

そんなチャンナカがご紹介する9件目のお店は・・・

これは溶岩マジックなのか?

何を焼いてもホンマ旨し! 

富士山溶岩焼きモダンさんです!

今日は何を焼きながら呑もうかなーって、行く前から妄想しちゃって心ウキウキしちゃうチャンナカが足繁く通っているお店です(笑)。冒頭で言っちゃいますが基本的に何を頼んでも美味しいので、食べたいものを片っ端から焼いちゃいましょう!

 

「チャンナカのぶらりあの店こんな人Vol.9」略してチャンぶら(笑)

富士山溶岩焼きモダン 

スクンビットSoi 41

場所はスクンビット41と43の間にあるのソイの大体真ん中らへん。←はい、説明が雑(笑)  飲食店やBARがあるソイで看板も出てるのですぐわかりまーす。

 

入口はこんな感じ。シックで落ち着いた佇まいです。

 

はいっ!それでは恒例の店主にズームアップ!

はいっ!店主の永田友滋さんです。1974年11月29日生まれの44才B型でバツイチ独身。チャンぶらに登場する人は大体バツイチだな~(笑) チャンナカは永田友滋さん→ゆうじ君と呼ばさせて頂いておりますので以下ゆうじ君と記させて頂きます。

鹿児島生まれの兵庫県尼崎育ちのゆうじ君。あまり関西弁がでないね?と聞けば新阪急ホテルに11年勤務していたそうで・・。なるほど、この何ともいえない高貴な雰囲気と品格はそこから滲み出てくるんだなあと勝手に解釈。バンコクに来たのは4年前。エカマイの名店ろっこんで料理人として腕を振るい、昨年モダンをオープンし現在に至る。

そんなゆうじ君は基本的に口数も少なく寡黙な男であり、お店に行って話しかけても彼が多くを語ることはない。しかしテキパキと料理を作る小気味よい動きと凛とした佇まいが見ていて本当に気持ちのいい男なのである。チャンナカはその仕事姿を見ているだけで酒が進んでしまう(笑)

しかし写真を見て思うが・・。相変わらず男前やなぁ‥。

俺が知ってるバンコク料理人男前ランキングで間違いなく5本の指に入る(※チャンナカ調べ)。また、バンコク№1の低音セクシーボイスの持ち主でもある(※チャンナカ調べ)。そして誰に聞いても「優しい」「まじめ」「気遣いの人」と彼を悪く言う人はいない。そう、皆さんお分かりの通りこの男まさにナイスガイなのである。

 

さて!チャンナカはいつも店主の方に「プライベートで行くお店を3件教えてください」って聞くのですが、今回も勿論聞いてまいりましたよ!

~モダンのゆうじ君が通うおススメの3店~

1、厨録 くりやろく (Soi23)

2、キングストーン (Soi26)

3、HANNA (Soi43) ※改装中

ゆうじ君は働き者なので、年末年始とソンクラン以外休み無し。呑みに行くのも仕事終わりなので必然的に遅くまでやっているお店になっちゃうよね~。はい、皆さん参考になさってくださいませ(笑)

 

店主のご紹介はこれくらいにしといてお店のご紹介・・。 店内はこんな感じ。カウンター、テーブル席には溶岩プレートが設置されています。2階もあります!

 

それではお料理のご紹介。まずチャンナカが必ず注文するのがこの「本日の新鮮オーガニックサラダ」。ドレッシングを注文すると約10種類の無農薬野菜サラダがなんと80バーツで食べ放題!タイにいると野菜不足になりがちなのでいつもここで大量摂取!

これも必ず注文する鳥刺し盛り合わせ。

4種の新鮮な鳥刺しが入って90バーツ!安いし超新鮮で酒の肴にぴったり。

 

さあ!それではメインの溶岩焼きに行ってみましょう!まずは鶏肉3種盛りから。新鮮な鶏肉3種で250Bは安い!

このプレートは富士山国立公園で採取された溶岩石を使用しており、普通の鉄板焼きでは味わえない遠赤外線効果で、肉、魚、野菜が芯からふっくら、表面が香ばしく焼き上がる。素材本来の旨味を堪能できる優れものなのだ。お願いすればスタッフの方が焼いてくれるが、チャンナカは自分のペースでちびちび焼きたいのでマイペンライ。

おススメのタコちゃん。お刺身でもいける鮮度抜群のタコを焼く贅沢。←焼いてる写真撮り忘れ( ;∀;)

 

さーどんどん焼きましょう。次は牛タンもいっちゃいましょう。←焼いてる写真撮り忘れ( ;∀;)

 

焼きおにぎりも焼いちゃいましょう! あぁ~焼くって楽しい!まさに今この場所は大自然で行うBBQにも勝るチャンナカ専用焼物劇場なのである。

 

おまけにスタッフのtoomちゃん、チャンナカはドラえもんって呼んでるけど4年前に違うお店で働いていたころからの知り合いなのである。このお店はスタッフの娘たちの笑顔が素敵で気持ちのいい接客をしてくれますよ!

 

 

写真は丁度1周年の日に撮ったもの。2周年目もここで撮ろうね(笑)

 

 

長文最後まで読んでいただきありがとうございます!ゆうじ君のご厚意で「チャンぶら見た!」と自分なりのセクシーボイスで言えば生ビール1杯サービスとの事!(12月末日まで)

 

次はどこのお店にチャンぶらしに行こーかなぁー・・。

そろそろ読者の方と一緒にチャンぶらしてみたいな(笑)ちゃんぶら仲間も募集中(笑) Vol,10もお楽しみに~。

【終わり】

 

店名:富士山溶岩焼きモダン

電話:096-137-0094

住所:225スクンビットSoi41 

営業:17:00~24:00(定休日は年末年始、ソンクランのみ)