バンコク飲食店紹介blog 「チャンナカのぶらりあの店こんな人Vol.12」

サワディーカッポン!

チャンナカです!

バンコクは30℃を超えるクリスマス。皆さん如何お過ごしでしょうか。チャンナカは、コンドミニアムの電気代を払い忘れ電気止められ泣きそうです( ;∀;) 忘年会等も重なり忙しい時期、皆さんも電気代の払い忘れとお酒の飲みすぎには気をつけてくださいねー!(笑)

チャンナカが毎晩呑み歩いた本当におススメのお店をご紹介したく開設した当blog。おススメのお料理は勿論、オーナーさんや店長さんの生き様やお人柄にフォーカスした記事を書いていきたいと思っております。楽しく読んで参考にして頂ければ幸いでございます。

今回はチャンぶら初のラーメン屋さん。昨今、炭水化物ダイエットなどといってラーメンや炒飯を避ける輩もいますがチャンナカから言わせれば言語道断!YOU!一生ラーメン食べないで生きていけるんですか?

昔だれかが言っていた・・。

「合理的に生きていくには芸術は必要ないが、豊かな人生を過ごすためには芸術が欠かせない」。

そう、芸術とまではいかないが酒呑みの人生を楽しく豊かに過ごす為には、呑んだ後の〆のラーメンも欠かせないのである。←はい、屁理屈(笑) 

そんなチャンナカがご紹介する12件目のお店は・・・

旨い!安い!早い!そして旨い! 

「尾道ラーメン百万石」さんですっ!!

尾道ラーメン一杯90バーツ!バンコクラーメン業界に一石を投じた広島の風雲児!オーナーはダンちゃんこと檀上智和さん。でもでも~、今回フォーカスしたのはチャンナカも大好き、女性店長の菊政佳美さんでっす!←ダンちゃんは来年カラオケ店の方にチャンぶら取材しに行きま~す(笑)

「チャンナカのぶらりあの店こんな人Vol.12」略してチャンぶら(笑)

尾道ラーメン百万石 

場所はスクンビット通りからプラカノン通りを入って100mくらいかな?ソイ2と4の間にあります。どでかい赤い看板があるからすぐわかるよ←はい、説明が雑(笑) 

 

外観はこんな感じ。タイあるあるだけど電線が邪魔で看板が見えにくいね(笑) 

なので斜め下から看板だけパシャリ!

はいっ!それでは恒例の店主にズームアップ!冒頭で述べたとおり、女性店長の菊政佳美さんです。

 

・・・はっ?

・・・ってだれこの昭和感漂う不揃いの林檎たちの石原真理子みたいな人???←古っ(笑)

 

えーっ!きくちゃん?(笑) あっ、失礼!チャンナカは菊政佳美さん→きくちゃんと呼んでいます。

しかし往年の日活女優の宣材写真みたいな画像だな(笑)←20年前のきくちゃんだって。美人さんやなぁ~(笑) 

そんなきくちゃんは岡山県備前市出身で1971年4月24日生まれの47才AB型。早稲田大学社会科学部出身の才女。メタル大好きで学生時代はバンド活動に夢中になるも大学の卒業旅行で行ったタイ、マレーシア、シンガポールにハマりきくちゃんのバックパッカーとしての歴史がはじまる。 

いままで訪れた国は多分20か国以上と笑って話すきくちゃん。25歳のころに東南アジアを回り、26~27歳の頃バンコクの飲食店で1年間だけ働く。その後27~35歳位まで日本を拠点に世界中を旅して周り、多分36才位からバンコクに住みつく。←過去を振り返ってもらったが正確に合っているかどうかは本人も良く分かっていない(笑) 

写真は約10年前。インドに行った際に現地のインド人男に一緒に撮ってと頼まれたそうで。きくちゃんノーメイクだけどかわいいね~。

 

タイに住んでからは、アソークにあったロックアンダーバーで働いた後、ケンラボさんの立上げを手伝い、会計事務所に約1年努めた後、なぎ屋さんへ。←チャンナカはここで知り合う。

その後、タイという国のいい加減さに嫌気がさし、2か月間もの間、スペインへ放浪の旅にでる。旅の途中で今後の事について考えていたきくちゃん。

旅を終え、スワンナプーム空港へ戻った彼女は一つの賭けを試みた。

「空港からバンコクへ帰るタクシーの運ちゃんが嫌な奴だったら、荷物をまとめてタイを出よう」(笑) 

これはもう、ほぼタイに住みたくないって言っているのと一緒だよね(笑) 大体7~8割の確率で嫌な奴(金額吹っ掛ける、メーター回さない、ナンパしてくる、歌唄う、愛想無い、何か食ってる、途中でトイレ寄る)でしょ(笑) 

だがしか~し!!運命の神様はきくちゃんをタイに残したのである!!

そう、帰りのタクシーの運ちゃんがきくちゃん曰く「すっげぇいい運ちゃんだった!」そうです(爆笑)←運転も丁寧、余計な事も言わない、明朗会計だったんだって(笑)奇跡!ナイスすべらない話(笑)

見事賭けに勝った?きくちゃんはその後同店オーナーである檀上氏に誘われLINEグループに入社し現在に至る。いや~、タクシーの運ちゃんナイスって感じだね(笑)

さて!チャンナカはいつも店主の方に「プライベートで行くお店を3件教えてください」って聞くのですが、今回も勿論聞いてまいりましたよ!

~百万石のきくちゃんが通うおススメの3店~ 

1、ケンジズラボ トンローThararom2

2、スナックちひろ スクンビット57

3、中国餃子 ラマ4

圧倒的に通っているのがケンラボさん。美味しいよね~、チャンナカも大好き!スナックちひろのちひろちゃんはメタル会のメンバー同志で一緒に呑むんだってー!チャンナカもボトル入れてるよー(笑)、3位の中国餃子は店名合ってるかどうか分からないけど餃子と麻婆豆腐が美味しいんだって!今度連れてってー!

 

さて、きくちゃんのご紹介はこれくらいにしといてお店のご紹介・・。店内はこんな感じ~。気取らない感じで一人でもサクッと入れる雰囲気。テレビやマンガ、雑誌も完備!

 

はいっ!メニューはこんな感じ。

これ以外にも豚キムチや野菜炒めなどもあり、呑んべいにも嬉しいおつまみも充実。居酒屋感覚で来てもいいよね~。

 

それではオーダー!まずはビールと餃子!最強の組み合わせだよね。

最近お料理の写真がうまくなってきたと自分では思っているがどうでしょう(笑) 

 

続いてチャンナカ大好きニラ玉100バーツ。シンプルで旨い! 白飯と食いたいがラーメン食べるから我慢(笑)

 

ではメインの尾道ラーメンにいってみましょう!チャンナカのおススメはねぎラーメンにゆで卵トッピング。これで110バーツ!香り高き醤油風味のスープに背油のコクが加わったTHE尾道ラーメン!何度食べてもおいしいなぁ~。そして安いな~。

いつもどっちを食べようか迷う、もう一つのおススメ。広島つけ麺90バーツ!麺の下には茹でたキャベツが敷いてありさっぱりヘルシー。冷たいつけ汁の辛さも三段階から選べます。

ごまが付いておりこれをスリスリしている時間が楽しい(笑) 

まだ食べた事はありませんが新商品の台湾ラーメン150バーツもおススメだそうです。次回食べてみよっ! 

 

だがしかし!

チャンナカがさらにおススメするのはこちら!

チャーハン!そう!普通のチャーハン!もう一度言おう!普通のチャーハン100バーツ!

見よ!この煌々と輝くお米さん達を。パラパラ加減と何とも言えないお米と焼豚と卵のバランスと少し濃いめの味付けが大好き♡ この普通な感じがイイ! バンコク炒飯ランキング1位!←チャンナカ調べ(笑) そして写真もイイ!←自画自賛(笑)

 

この価格でこれだけのクオリティを維持している秘密も聞いてきた。

チャンナカも大好きな孤高の麵屋「和久」のご主人が開店当初からマネジメントをしており、今でも1週間に1度、味のチェックに訪れ微修正を繰り返しているのだそうだ。チャンぶらに行った日も丁度そのMTGが行われていたので、和久さんにも少しお話を伺ってみた。「手作りの部分が多いので、お客様が気付かないレベルでも日々修正はある」と語る和久さんに、きくちゃんも全幅の信頼を置いていた。勿論オーナーの檀上氏やきくちゃんも日々試食を行っており、こういった絶え間ない努力が常に百万石を進化させているのだと思いながらチャーハンをおかわりした。

そしてそして~、このお店の2階は隠れ家的なBARになっており、リーズナブルな価格できくちゃんとまったり呑む事ができる。しかも1時間599バーツ(込々)で呑み放題やってるとの事。記念にパチリとタイ人スタッフの娘に写真を頼んだが中々うまく取れずこんな感じ(笑) 

やっと撮れた1枚がこれ!2人でLINEポーズ(笑)

いつもニコニコ笑顔が絶えないきくちゃん。そんな彼女の周りからはいつも笑い声が聞こえてくる。きくちゃんの笑顔と尾道ラーメンとチャーハンに会いたくて、チャンナカは今日もプラカノンへバイクを走らせる・・。

【終わり】

 

長文最後まで読んでいただきありがとうございます!きくちゃんのご厚意で「チャンぶら見た!きくちゃんかわいい!」といえばハイボール1杯サービスとの事!(1月末日まで)

 

次はどこのお店にチャンぶらしに行こーかなぁー・・。

次も女性店主のお店がいいなぁ~。Vol,13もお楽しみに~。

 

 

店名:尾道ラーメン百万石

電話:02-102-9462 

住所:プラカノンSoi2と4の間 

営業:18:00~26:00 土日12:00~21:00(定休日なし)