sato1

郷乃譽 純米大吟醸
無濾過・火入

容  量
300ml / 720ml
アルコール度数
15~16%
製 造 者
須藤本家
商品特徴
須藤本家の定番、辛口でキリッとしたさっぱりとした味わいです。
和洋中どんなお料理も合わせやすい、見事なバランスをもった
オールマイティーなお酒で魚介類からお肉まで幅広く楽しめます。
sakasho

※酒匠(日本酒・焼酎 唎酒師上位資格)

GOEN専属 酒匠(Japanese Sake Sommelier)HAJIME YANAGI

須藤本家のお酒を取扱いできる事は、国酒と言うに相応しいお酒を扱わせていただくという使命感のようなものが
ありますし、酒匠としても身の引き締まる思いがあります。

良い酒は良い米から、良い米は良い土から、良い土は良い水から、良い水は良い木から、良い木は良い酒へ、
「酒・米・土・水・木」が須藤本家の家訓です。

須藤本家のお酒の水は850年前より敷地内で取れる井戸水を使い続け、使用するお米は近所の茨城県笠間市で栽培
する亀の尾系コシヒカリであり、「自分たちの目で見えるお米を使用する」というこだわりです。

そのこだわりの全ては日本最古である酒蔵の酒造りにおける試行錯誤の結果、一つの答えとなって導かれています。

須藤本家のシリーズのお酒は、この亀の尾系コシヒカリで全て造られています。
今後、順次シリーズをご案内させていただく予定ですが同じお米で一つ一つ絶妙に味わいの違いを出している
ところに驚きと凄さを感じます。

しかも、須藤本家の造るお酒は収穫後5か月以内の新米で純米大吟醸のみ!
自然のままが非常に良いバランスと、炭素ろ過、遠心分離的なろ過は行わず完全無濾過!

妥協を許さないこだわりのつまった須藤本家のお酒は酒造り850年の歴史の結晶とも言えるでしょう。

今回の郷乃譽 純米大吟醸は、ほんのりと青りんごと甘いクリームを併せたような香りが漂い、口に含むと
キメの細かい優しい甘さの広がりから、軽快な酸の苦みに展開し、後半のキレに繋がりさっぱりとした後味に
なっています。

須藤本家の定番をまずGOENでの取り扱い第一号に致しました。

須藤本家のお酒は繊細さの積み重ねの上で味が展開して行きます。
決して食事を邪魔する事はなく、むしろ食事を、食材をグッと引き立てます。

料理を作る方も真剣勝負、料理を食べ酒を飲む方も真剣勝負で味わう、そんなシチュエーションで是非お試し
いただきたく思います。

須藤本家

日本最古酒蔵かつ日本でいち早く世界に進出し、世界で数々の賞を受賞し、ヨーロッパVIP御用達、伊勢志摩サミットで採用の実績

sudo
TOP