ここは北海道の海鮮市場?「北海道原始焼26」

 

サワディーカッポン!
チャンナカです!
ごくごく少数のチャンぶらファンの皆様、お元気でしょうか?大変大変ご無沙汰しております!

2月から続いているコロナウィルスにより、タイは非常事態令を継続していますね。観光客や日系企業の出張者も中々タイに来れず、飲食店さんも大変な状況が続いていると思います。兎にも角にも以前のように海外を気軽に行き来できるようになってほしいですね~。私もこんなに長期間、日本に一時帰国していないのは初めての経験です、、。

さてさて、チャンナカが毎晩呑み歩いた本当におススメのお店をご紹介したく開設した当blog。おススメのお料理は勿論、オーナーさんや店長さんの生き様やお人柄にフォーカスした記事を書いていきたいと思っております。楽しく読んで参考にして頂ければ幸いでございます。
そんなチャンナカがご紹介する18件目のお店は・・・

「チャンナカのぶらりあの店こんな人Vol.18」略してチャンぶら(笑)
ここは北海道の海鮮市場?
「北海道原始焼26」
場所はスクンビット通りからソイ26を入ってひたすらラマ4方面に向かうと左手側にこの煌々と光る看板が見えてきます。

スクンビット通りとラマ4通りのちょうど真ん中位って感じかな~。分からなかったらググってね~←説明が雑(笑) 駐車場も広いので車で来ても大丈夫です!

はいっ!それでは恒例の店主にズームアップ!
オーナーの小澤将生さんです。

チャンナカは小澤将生さん→おざわっちと呼んでいます。

そんなおざわっちは栃木県足利市出身で1982年11月10日生まれの38才O型 ←チャンナカはB型です(笑)

やんちゃをしていた若き頃のおざわっち。地元で5店舗を運営している「開国屋」という居酒屋さんでアルバイトを始めたのが高校2年生の春。少し大げさかも知れませんが・・と前置きしたうえで「ここで生きがいを見つけました」と当時を懐かしむような目で語ってくれました。高校3年生の時にはオーナーさんにも認められ、なんと副店長に抜擢され、新店舗の立ち上げにも携わっていたそうです。←すごい(笑)それからは数社の飲食業界を渡り歩き現在の原始焼きグループへ。

2018年8月にタイに4店舗あった原始焼きグループを盛り上げるためにバンコクへ。現在は他店をFC化しソイ26店のオーナーとして活躍中。

また25歳という若さで年下の女性と社内恋愛にて結婚も29歳で離婚。(まあ色々あるよね)2人の可愛いお嬢さんもおり、嬉しそうに写真を見せてくれました。

現在は彼女もおらず日々仕事の毎日。年下の優しい方がタイプだそうで、、どなたか良い人いたらご紹介くださいませ。←私にDM頂ければお繋ぎします(笑)

そんなおざわっちとチャンナカの出会いは・・? 2人ともよく覚えておらず。
多分チャンナカが1年半位前に原始焼31店に友人と呑みに行った時にご挨拶させてもらったのがきっかけかな?

さて!チャンナカはいつも店主の方に「プライベートで行くお店を3件教えてください」って聞くのですが、今回も勿論聞いてまいりましたよ!

~おざわっちが通うおススメの3店~ 
1、Queen Bee (ソイ26のBAR)
2、wine connection
3、About Eatery (asokのワインBAR)

全部オサレなお店やん!ワインコネクションは特にランチでよく行ってたんだって。でも今は自分のお店もランチを始めた事もあり、あんまり外に出れなくなったとの事、、。

 

さておざわっちのご紹介はこれくらいにしといてお店のご紹介!

店内はこんな感じ。ゆったり座れるテーブル席がメインで個室も完備!2階席もあるよ~。気取らず仲間とワイワイガヤガヤできる雰囲気がチャンナカも大好きです。

そして、原始焼に行ったら是非食べていただきたいのが、ぷりっぷりで超新鮮な生牡蠣!時期によってはいろいろな産地の牡蠣の食べ比べもできます。

また、チャンナカが必ずオーダーするのが「おでん大根のから唐揚げ100B」と「北海道いわし150B」の2品。おでん大根は原始焼の隠れた逸品と言っても過言ではなく、酒の肴にもぴったり。タイ人のお客様にも大人気だそうです。またチャンナカは焼き魚を肴に日本酒や焼酎を呑むのが大好きなので、いつも何かしらの焼き魚をオーダーします!

 

 

あ、あと9月から始まった新業態「北海道食堂・港町の海鮮問屋」という名のランチ営業を開始しております。おススメは「海の山火事丼390B」「いくら丼245B」これは間違いなく美味しそう!週末のランチにご家族で行くのもいいですね!※価格はプロモーション価格です。プロモーション期間についてはお問合せください。

 

いつも前向きで人を喜ばすことに一生懸命なおざわっち。好きな言葉は「謙虚な気持ちと敬う心」だそうです。彼に会うと元気をもらえ、後輩の面倒見もいいので飲食業界の男からはモテています(笑)

また、人がやっていないことをやるのが大好きだそうで、バンコクで唯一呑み放題メニューにラムネを加えていただいております。取材中も話し込んでしまい気づけば深夜25時(笑)また呑もうね~。

 

おまけ 本邦初公開!?

栃木のやんちゃ時代の1枚

成人式の写真だそうですが、どれがおざわっちだかわかりますよね?(笑)

【終わり】

長文最後まで読んでいただきありがとうございます!おざわっちのご厚意で「チャンぶら見た!」といえばファーストドリンク1杯かラムネ1本無料サービス、あと海の山火事丼をご注文の方にいつもより多くイクラをかけてくれる(笑)との事!(10月末日まで)

次はどこのお店にチャンぶらしに行こーかなぁー・・。
Vol,19もお楽しみに~。

店名:北海道原始焼26
電話:080-783-9915
住所:83 soi skv26
営業:昼11:00~14:30 夜17:00~22:00(昼夜ラストオーダーは30分前)

定休日:毎週火曜日

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.